外国語のスキルが活かせる

アジアからの観光客の増加が続いています。今まで観光資源にそれほど注力していなかった日本ですが、海外の観光客の増加が国内消費を押し上げ、結果として経済効果が見込めることが認識されてきました。こうした事態を受け、日本政府もようやく重い腰を上げて、各国のビザ取得条件を緩和しています。アジア各国の経済発展が著しく、彼らの所得水準が上がり今まで高根の花だった日本旅行がここに来て一大ブームになりつつあります。初めて日本を訪れる外国人が多く、ほとんどはゴールデンルートと呼ばれる大阪、京都から北上して最後は東京で日程を終えるというのが一般的です。また東京から始まって最後は大阪から帰国するというパターンも多く見られます。その結果、大半の観光客が大阪を最初の観光地あるいは最後の訪問都市としています。彼らの特徴として様々な日本製の商品を購入する消費熱の高さが挙げられます。日本製の商品の質の高さや安全性が広く知られていることと、折からの円安が彼らにとって割安感を持たれることにつながっているようです。膨大な観光客が買い物を始めたことで、小売現場ではアルバイト需要が急速に高まっています。そんな中、観光ビジネスでは英語や中国語を話せるスタッフが特に不足しています。留学生のアルバイトで対応する傾向も見られますが、需要を満たすには不十分な状況が続いているそうです。したがって、英語や中国語を少しでも話せる人にとってはアルバイトのチャンスといえるでしょう。小売業界を中心に外国人観光客が好んで訪れる飲食店や観光スポット周辺では、引く手あまたの状況だと言われています。外国人相手の仕事はたくさんあるので、英語力を活かしたアルバイトを探している人にぴったりな街ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です